広島アカシア会 概要

代表者ご挨拶

白井前会長のご勇退により、新会長未選出のまま新年度を迎えました。当面は会長を空席とし本田が会長職の代行を務め、4人の副会長、幹事長、事務局長が中心となって運営して参ります。
月例懇談会は2021年度も、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、従来のようなホテルでの対面式月例懇談会の開催を中止し、オンライン型会議ソフトZOOMを使用し「オンライン月例懇談会」を開催致しました。2021年度は計8回開催し457人の会員の皆様に参加して頂きました。日本全国のみならず、ロサンゼルス、パラグアイ、ベトナム等広く海外で活躍されている同窓生の皆様に、時差という壁を乗り越え世界各地から参加して頂き、大変有意義な月例懇談会となりました。
2022年4月の月例懇談会から従来のような対面式を再開し、3年ぶりの月例懇談会開催に多くの会員の皆様に参加して頂きました。今後も、可能な限り従来のような対面式の月例懇談会を開催する予定としております。
しかしながら、大きく社会生活が変わるポストコロナ時代を迎え「時代の変化に取り残されたら、淘汰される」との危機感と、全ての会員の皆様がより参加しやすい形式とするため、当番幹事が主体となって、従来の形式にこだわらない新しい形の「月例懇談会」を下記基本コンセプトに沿って、企画・運営していくことに致しました。

【基本コンセプト】
*創立記念日の17日にこだわらない(土曜日・日曜日を活用)
*夕方18時30分開催にこだわらない(参加しやすい日中開催を検討)
*気軽な飛び入り参加可能形式にこだわらない(事前予約制の継続)
*固定した会場設定にこだわらない(毎回会場が変わる楽しみを演出)
また、会員の皆様から頂戴しております「購読料」の納付方法を、利便性を最優先に考え、「郵便局窓口納付方式」から「銀行口座自動引き落とし方法」への移行も検討して参ります。(詳細は、会報8月号に掲載。)
会員の皆様、時代の変化に沿った新しい形式の月例懇談会に、ご理解とご協力をお願い致します。

広島アカシア会について

全国に9つある「地域アカシア会」の一つでありますが、地元広島にある同窓会として、アカシア会の繁栄とアカシア人の交流を願う役割を担うものと致します。
〇「友諠のみその」であり続ける組織
〇対価を求めない真の友情が形成できる組織
アカシア会とは、「母校」という絆で結ばれた、年齢差と価値観の差を超越し、恩典も対価も求めず、先輩・後輩の微妙な信頼関係を構築し、ただ母校の「誇り」と「熱い想い」と「奉仕の心」により存続する自由な組織であります。運営は細かな規約がなくとも「伝統」でこなし、困ったときには相談し、何となく解決していく。こんな面白い「アカシア人の集まり」が広島アカシア会だと思います。

委員会組織について

広島アカシア会には、下記の4つの委員会があります。
1.総務・財務委員会
2.例会委員会
3.広報(会報・HP)委員会
4.改革・新規事業委員会
4名の副会長が4つの委員会を主催し、これに幹事長、事務局長、幹事、当番上・下幹事が各委員会に所属し、例会・会報をはじめ財政の健全化、事業の見直し、新たな試みへ挑戦、年代を超えたコミュニケーションの充実等を円滑に図ることにより、課題発見の早期化を図って参ります。

活動の概略

・月例アカシア懇談会を開催 参加費:都度設定
・会報アカシア(全国版を除く)を年10回発行 購読料:2,000円

現在の会員数

902名(2021年度末・購読料納付者数)

役員構成

会長 空席
副会長 長沼 毅 卒業回 61 回
副会長 本田 和哉 卒業回 62 回
副会長 三原 千惠 卒業回 66 回
副会長 砂古 伸二 卒業回 72 回
監事 天畠 純子 卒業回 57 回
幹事 木本 薫 卒業回 57 回
幹事長 竹末 耕三 卒業回 67 回
事務局長 栗栖 史匡 卒業回 85 回

お問合せ連絡先

アカシア会事務局
E-mail:akashia@fuhs.hiroshima-u.ac.jp
事務局住所:広島市南区翠1-1-1